FX口座開設の審査基準

FXを安全にはじめたいならFX会社のココをチェックしよう!

どうやっって審査するの?

FXの口座を開設する時は、FX会社の審査を受けなければなりません。

 

口座開設の審査基準はあまり公表されていないのですが、基本的に「年収」「資産額」「投資経験」が重視されるようです。20歳以上で定期収入のある職についている方であれば審査に落ちることはないと思います。

 

そもそも、FXは投資金額がゼロになることもあるので基本的に未成年は口座開設できません。海外のFX会社であれば18歳未満でも口座の開設が可能な会社は多いようですが、日本ではSBIFXトレードのみが未成年であっても18歳以上であればできます。

主な審査基準をピックアップ

「年収」について

主婦の方など年収がない方でも夫の収入がある程度あれば大丈夫のようです。専業主婦=無収入・資産ゼロというわけではないので。年齢の割に年収が低いといっていた私の知人(おそらく50歳ぐらいで年収500万円程度)でも審査に落ちたことはないと言っていました。また、無職でも審査に通ったという話も聞きます。

 

「資産額」について

資産額もFXに最初投資できる金額があるかどうかの確認だと思います。FX会社のホームページの「よくある質問」などにたまに口座開設基準が記載されているのですが、金融資産50万円程度の所が多いです。

 

「投資経験」について

投資経験はないよりはあった方がいいですが、投資経験1年で大丈夫だったという話も聞きますが、逆にダメだったという話も聞きます。

FXは余剰資金で余裕をもって

FX会社によって審査基準で重視する項目の比率が異なるようです。あるFX会社では口座開設ができたけど、別のFX会社はできなかったということもありえます。

 

一度に複数の口座開設をしても問題ないので、あなたの条件にあうFX会社数社に口座開設を申し込んでみることも良いでしょう。

 

なお、FXがリスクのあるものだということをきちんと理解しているかどうかということも重要です。

 

したがって、資産額の割にFXで取引予定の資金の金額が大きいとか、レバレッジの大きい口座を選んでいるとかということがないように、あくまでも余剰資金で投資しようとしている姿勢をきちんと示すことです。

 

PAGE TOP