FXとは確率のゲーム

FXを安全にはじめたいならFX会社のココをチェックしよう!

勝つ確率と負ける確率

FXというのは確率が一番大切なのです。

 

そのことをしっかり理解していれば大きく損をする心配もありません。
FXとは勝つにも破産するにも確率が重要とされています。そのことについて今から説明させていただきます。

 

勝率表

まず勝つ確率なんですが、勝率表というのはご存知でしょうか?
マイルール時何回勝って何回負けているのか勝率を教えてくれる表なんですが、その表を見ることによって、ギリギリ得してる位置にいるのか、
理想とされる位置にいるのか、理論上最も稼げる位置にいるのかがわかります。
普通この表を用い、理想とされる位置を目指しマイルールを作ります。

 

破産確率表

また逆に破産確率表というものも存在します。通称”バルサラの破産確率表”といいます。
あなたは無理な取引をしていませんか?勝率がよくても破産確率が高ければ一気に大金を失い、立ち直れないほど損をし、リタイアとなってしまうかもしれません。勝者というのはいつでも負けたときの予防を張っておくものです。勝率よりもまずは破産しないこと、これが重要になってくるといえます。

 

例えば勝率60%のゲームがあるとします。
持ち金は1000円だと仮定し、1回1000円すべてを賭けたとします。

 

そうするとどうでしょう?破産する確率は40%にもなってしまいます。どれほど破産しやすいかがわかるでしょう。
しかし、もし1回を10円としたならばどうでしょうか?あと100回は賭けることができます。

 

勝率が60%なのだから、100回も取引をすればマイナスとなることはまずないでしょう。確率で考えることがいかに重要かわかってもらえたかと思います。

FXはつまらない

自分の余裕資金はいくらあるのか、1回に取引する金額はいくらでそれの破産の確率は何%なのかをよく考え取引する必要があります。

 

トレーダー上級者ほどFXはつまらないといいますが、これが理由です。上級者ほどルールをきちんと守っているからです。
”もし何円増えたら、取引する額を何円増やす”や”何円減ったら取引額を何円にする”というふうに。すべてきちんと決めてトレードしています。今日は気分がいいから何円取引するぞっ!ということは一切ありません。最初から何もかも取引方法を決めているため、すごくつまらないんです。

 

もし勝組になりたければ勝ち負けに一喜一憂せず、淡々と作業のように繰り返すことをオススメします。

 

PAGE TOP